Text Size : A A A

夜毎に秋らしさが深まりつつありますが、かねてから企画を練っていた、

イギリスで買い付けたボタンを集めた展示会。


昨晩レイアウト替えとディスプレイを行って・・・・


本日より、「英国のアンティークボタン展」始まりました☆

初日からお越しくださったみなさま、ありがとうございます。

Img_6110cf3115451115c3956d96a6028dcd89f731e0
フレームすべてにボタンを入れて・・・
Img_df3208b747b3670dd42879a441ef6f3a1203e29c
ヴィクトリア時代のボタンはやはり、ウィリアム・モリスと相性がいいです♪
Img_25bd5203af6e8df120bc4d695072153d443e0386
夜に輝くヴィンテージボタンたち

100年以上前に作られた、ジュエリーのようなボタンから、ヴィンテージの1960年代頃までに

作られたデザインがユニークなボタンたちを、ガラス(ブラックガラス、ラスターガラス、

クリアガラス、オペークガラス)、メタル、マザーオブパール、ベークライト、ルーサイト、

セルロイドなど、時代を追って素材別に見て頂けるように展示販売しています。



今の仕事を始める以前、10年程前に初めてイギリスの蚤の市でアンティークボタンに出会ってから、

ボタンの世界に取りつかれ、少しずつ個人的にも集めてきたものも含まれています。


Img_1c7342f7a96fdb060cd922eb7526f1d4f2fee27f
Img_4f720d6a792fe9ebbc1b1745a3508f86596ec641
Img_16ed3dee0dcd71428cce5a437345823dda563c28
英国の時代、文化、ファッションの移り変わりとともに、素材や技術も変化し、

さまざまなデザインのボタンが作られてきました。


ジュエリーの技術とともに、ボタンの技術も移り変わって行くのがわかります。


ほんの数センチの小さなボタンの中に、当時の人のセンス、アート、技術、流行が

たくさん詰まっています。


見て、触れて、使って楽しいボタンたち。


ボタンの楽しさを感じていただけると、嬉しいです。



期間中のご来店をお待ちしております。



ボタンを使った、リング、ペンダント、アクセサリーや、ヴィンテージの洋服の型紙、

ニットテキスト、アンティークレースなどの英国の手芸雑貨のコーナーもございます。












Img_1514c857138bd73c41722197a92891a9deb3b3bd
●英国のアンティークボタン展 @PISKEY VINTAGE

期間 9/27(木)~10/7(日) 期間中休みなし
   11:00-20:00

*来月からの、「福岡アートウォーク2012 アートをたずねる月」に参加しています。
来週からのアンティークボタン展に向けて、準備を進めています。


美しいボタン、さまざまな素材のボタン、デザインが優れたボタンの展示に合わせて、

ボタンの使い方のいろいろなご提案もさせていただけるといいなと考えています。


個人的にも大好きなマザーオブパール(母貝)のボタンたち。自然素材のボタンの中でも

古代から使われていて、イギリスでも古い時代より女性のドレスの装飾としても使われてきました。


前回の買い付けで、きれいなアンティークのマザーオブパールのボタンを

まとめて入手することができたので、いくつかヘアバレッタを作ってみました。



Img_a80f501565f0e1b38aa503c2b291776f5861ef1e

さまざまな形、カット、デザインの貝ボタンを組み合わせてみました。

厚みが均等ではなかったり、形がちょっといびつだったりするものもあります。

貝の色や大きさ、バランスを考えながらだいたいの配置を決めていきます。

ステンレスの細いワイヤーで、繋ぎ合わせていく作業です。


こちらは白系、クリーム系のマザーオブパールの大小で。
Img_ee7932ffa90d6c259ab80d0b25622e84f8ba2566
角度によっていろんな表情の色をみせてくれます
Img_598db0cfa099978b6497fbf87609ffd952d0bfc9
↑こちらはオレンジがかったもの、クリーム色の貝をあつめて
Img_ac6bf27d8f01e2a6bfb03fd626bd13c6187b8a1e
↑こちらはグレイ系。ちょっとシックになりました。
Img_6faf208ca4ccd63faac42703a143b2f2374abb5d
↑つるんとした表情のボタン、いろんな色を集めて。

贅沢にそれぞれ15-20個のアンティークボタンを使用して、輝き、表情がそれぞれに違う

一点ものが出来上がりました。


裏側を見ても、貝という事が分かります。
Img_7649f59548944d2189af3314a727f4b9ee1d050d
各3.675yenです。着物でのお出掛け時のまとめ髪にもどうぞ。

自然光、ライトのもとでも輝きが全然違います。

ぜひお手に取ってご覧くださいね。
Img_721371e7ecec9eeba65c691ba926d680de62255e
台風が過ぎ去って、爽やかな気持ちが良い一日です。

秋のイベントがあちらこちらで行われていますが、PISKEY VINTAGEも参加させていただく

来月10/13・14の2日間、住吉神社(福岡市博多区住吉)で開かれるマーケットのご案内です。


一足先にいただいたフライヤーより、抜粋させていただきますね。

Img_2ed8d2ed7081ee7a5abded37610f76ba05173005
「世界15ヶ国以上の素敵な雑貨と美味しいフードが年に一度、筑前国一之宮住吉神社で楽しめる

『大博多輸入雑貨市』

昨年の大好評につき、2012年も開催決定!

今年は例大祭special☆だからエリア拡大☆しかも2days☆

13日(土)午前から本参道では流鏑馬(やぶさめ)、14日(日)も地元アーティストによる

様々なパフォーマンスが行われます。

神社の木々たちも色付きはじめる秋の日に 一年で一番大事な御祭『例大祭』

そして・・・異国情緒漂う世界への旅立ちのお祭り『大博多輸入雑貨市』

ぜひ大切な方々と素敵な時間をお過ごし下さい。」ですです!



昨年は、お客としてお店の開店前に出掛けたのですが、トルコのキリムや陶器、ホーロー雑貨、

ロシアのマトリョーシカや、フランスのブロカント、イタリアの陶器や日本の陶器、古本、
フードもジャークチキン、パン、カレーなどなど盛りだくさんでとても楽しかったのです♪


今回は参加させていただけるのを、とても楽しみにしています。

英国旗を掲げて、2日間、出店させていただきます☆


小さくて見えないかもですが、現在出店予定の各国のお店はこちら↓です。
Img_edf0280ca10f93b363755c8069599548f25f9c7b
今年は昨年よりスペースも拡大で、お店も各国たくさんのようです♪ワクワク♪

まだまだ増える予定だそうですので、最新の情報は、主催のSWEET ROCKET+さんが、
Facebookページに掲載されていらっしゃいますので、こちらをチェックされてみて下さいね。 (Click!) 


会場の住吉神社は、博多駅から歩いて10分ほどの距離です。
西鉄バスですと、住吉通り「住吉」下車で2分の場所なので、アクセスもしやすいかと思います。
Img_096d1465d4be16c45d322b2a5d337c78b74e633f

みなさまのお出掛けを心よりお待ちしています。

銀杏並木のもと、自分もいろんな国のいろんな雑貨、いろんな方に出会えるのが楽しみです。




●大博多輸入雑貨市

日時:10月13日(土)・14日(日)10:00~日没まで(18:00くらいまで)

場所:福岡市博多区住吉3丁目1-51 住吉神社
 
*雨天時は、翌週10/20(土)・21日(日)に順延となります。
連休初日、イギリスからは、ケイト妃のパパラッチの盗撮(雑誌編集責任者の良識を疑います・・・)、や
ヘンリー王子の編隊への爆撃など、良からぬニュースが飛び込んできています。

エリザベス女王も、心穏やかに非ずと思われますが、こちら現在の
イギリスの紙幣です。ちょっとふくよかで少し若かりしエリザベス女王↓。

Img_0bae4671d8c7cf1e8158815ad96ca614ce182a02

なぜにお札を・・・かと言うと、こちら↓です。

先日の護国神社蚤の市で、お客さまがわざわざお持ちくださった1ポンド札です。
Img_15a00fee27df7aa75c7d2f48b63b181209f7fc98
すごい笑顔!!歯を出してまで
Img_c50a73abea8d16f883d2f8a7edd4cdfad0c34b98
何ゆえの笑顔!?
この初めて見るお札。
この夏、イギリス最南のジャージー島に行かれたお客さま。

紙幣が本国と違っていてエリザベス女王が笑っている・・・とお伺いしていたのですが、
実物を持って来て下さいました!!

ジャージー島といえば、あのジャージー乳くらいの知識しかなかったのですが、
調べたところ、イギリス領でも独立した自治国で、フランス人も多く住む地なのですね。

Img_f4162851bd84c84610d7740d43348ffe54616b9f

裏面はフランス語表記もあり、イギリスのお札っぽくないデザインです。

歯を見せて笑う肖像画がお札の国って、そうないのでは・・・。

諭吉さんが歯を出して満面の笑みだったら、一万円の価値も変わりそうです・・。

クスリと笑みが出る、エリザベス女王のお札です。




ジャージー乳のチーズやジャガイモが格別に美味しいとのこと。

アンティークはあるのかな・・・。イギリスで、行って見たい地が増えました。

よく考えると現金をいただいていいのかしらと思いつつ、記念にいただきました!

わざわざありがとうございます☆

こちらは店頭にも飾っていますので、ぜひご来店の際はご覧くださいね。




昨日の護国神社蚤の市2日目。

今にも泣き出しそうなどんより曇り空でしたが、なんとか15時まで持ちこたえくれて

早朝からたくさんのお客さまで賑わいました☆


お店から離れられず、画像も全然撮れていませんが、ご家族連れにご夫婦、お友達グループ、

蚤の市ハンターの常連のお客さま、カメラを提げてアングルを探ってるみなさん、

おしゃれなちびっこたち、今回も境内に楽しそうな笑顔たくさんの光景が。

Img_88341b70ebf8035bc00e583f660d8f81dd756927
Img_ec3d93ad5f7f4a3d001a2dc8c3a033165d302111
Img_c0dcf8501594315710e6f19a925764faaee6a63b
蒸し暑く、ずっと厚い雲が空を覆っていて、テント内も暗くてお買いものもしづらかったかと思います。

初めてキャンドルスタンドに、火を灯してみましたが・・・。

効果なしでした・・・。

ランタンか、ライトが必要!でした。


雨対策はしっかりして行ったのですが、今回は、忘れ物が多かったのです。

出すはずの包みを丸々車に積み忘れてたり、ディスプレイ用品も忘れていたり、

朝から忘れ物トラブルも有り、猛省・・・。




Img_86a3fdb395d43fa397fa175cd788d1e2164e0c27
Img_a6116ce05b117151206587fce0779939c1294a8c
でもでも、たくさんのお客さまに立ち寄っていただきました。感謝です。

たくさんあるブースの中から、「見つけた!」と、ワークショップにご参加いただいたお客さま、

いつもピスキーヴィンテージに来て下さるお客さま、蚤の市でいつものぞいて下さるお客さま、

Twitter、facebookで繋がっているみなさん、いつもお世話になっているみなさま、

たくさんお声掛けいただいたり、お心づかいいただいたり、ありがとうございました。

元気をいただきました。


それからイギリスにまつわる興味深いものもいただいたのです。
それはまた後日ご紹介させていただきます!

ちょうど撤収時間から雨が降り始め、土曜日に続き、主催のみなさまも大変だったかと思います。

今回もお世話になり、ありがとうございました。

事故もなく、無事に参加させていただいたことに感謝です。

両隣りのブースのみなさまにもお世話になりました☆



次回の護国神社蚤の市は、来年2013年1月19・20日に開催予定とのことです。



あ、ひとつ心残りが。

中央広場に来ていたななみちゃんに会えなかった・・・。残念。


日曜日の護国神社の蚤の市の準備をしつつ、新しい(ふるいものですが)アイテムも
店頭にぞくぞくと入荷しています☆

プチプチや新聞紙に
Img_8981d8068580b65ab9d25b5b9cb3399613620711
大事にくるんで
Img_111880618e8bf4f4377452238661f1cac0e375f7
連れ帰ってきたのは…
Img_28857ab1697e5fd2774b33d5509fa9423743d54f
ニョキ
Img_63a98edb5a9a7b415e15b724f1e34b9aa6d8bf5b
黒猫の花瓶の親玉で、身長35cmある大きな子です
Img_bb747b3aa702d4bbe85c9ea26aebb0f6706023e3
何か怒ってらっしゃる!?
Img_cff3c7751e68591344f0088e115b28f37aa05a93
うしろがネコ顔の形に開いてます
ちなみに、お隣の小さい猫は22㎝ほどです。陶器のコーナーにUpしています。 (Click!) 

並べて飾っても・・・♪
Img_176a45cd5e2b0c1c5a2c0ff0d38782d0e618ddd4
仲良く☆ そして、ネコに続いては・・・、
Img_bb2f39ba90ca8cde8f3a6fe6538cc7124745775a
1950年代の犬のポケット辞書です。

手のひら大のサイズで、モノクロですが、写真と解説付きです。

140種ほど載っていて、楽しめます。
Img_9b93f908d7d8292bb672efb6fdc21ac51f9a2e6f
テリア種だけでもたくさん
Img_892d1940b5671a719c4f6e7140a445e133d5b92c
もちろんコーギーも
Img_b6b6656983b7e0dfd2e5d70ac02964911d67306c
日本からは秋田犬もエントリー!
狩猟犬から、小型犬まで原産種の多さにあらためて、英国は犬の国だと思わされます。

オバケみたいな毛並の犬や、ブサイクな顔の子、イギリスにいるいる!とか思い出しながら、
つい見入ってしまいました。

ぜひ店頭でお手に取ってごらんくださいね。


衛兵柄のエッグスタンドも。

Img_9364a2e61ffa892361811ea4cd57d19820c20c1d
ぐるりと兵隊さんが囲んでいる柄です
Img_ab237bea40d345a05390fbc79275a3de81eec97b
小さくても、しっかり働いてくれそうです。
Img_6a4517e3818bdbfde6966b306684f7e627c10f78
↑お店で配布中の、大分・別府の旅手帖「beppu」ですが、残り少なくなってきました。

200pのボリュームのガイドブックで、Take Freeの大判振舞いの冊子です。
中味も、きれいな写真がたくさん、手描きの雰囲気が「暮らしの手帖」風の充実の一冊です。

どうぞお気軽にお持ち帰りください。