Text Size : A A A



心地よい陽射しのお天気が続きます。

店内の植物も新芽がニョキニョキで、大鉢の根元に3年前に5-6本植えたつる植物は

こんな状態に・・・。


Img_afc5a3f1093083bbf9694fe2f85137b1
鉢が見えない位、とぐろを巻いています・・・。

春です・・・。



そして先日upしていた、販売用のリバティプリントのバンティング、出来上がりました☆

英国製リバティから、赤・ピンク系で、様々な柄を選んでみました。

長さは2.4m位で、コットンレースで繋いでいます。priceは、2.100yenです。
Img_dda9557eb9d0023afbd9be7d3040fbee

画像を撮影する前に、他のタイプは既に売り切れで、現在こちら一点のみとなっています。

おそらく全く同じ柄のものは作れない!?、作らないと思いますが、
近日中にまた制作します☆



そして、春の英国のヴィンテージアクセサリー、第二弾を準備中です☆

Img_db768f94aa74500708a081d1f15c6077


キラキラ系から、エナメル使いのもの、画像はまだですが、動物モチーフもあります☆


こちらはトリファリ社のハナミズキシリーズ。偶然、ブローチ、ネックレスに
またまた出会えました♪

コスチュームジュエリーでもギラギラ、ビカビカものは苦手ですが、
こちらは品があって、とても好みのデザインです。
Img_ffd6f4b9c207eb14909d8442e558b359
Img_b25d61a14c40c50268de570f55e9483b

古さを感じさせない、爽やかで、シンプルながら洗練されたデザインです。


そしてご好評いただいた、英国で出会った動物たちの陶器。

小さな動物たち、新たな飼い主さまのところへ旅立ちつつ、

こちらも第二弾がわらわらと集合していますので、どうぞお楽しみに☆




そしてそして、4・5月の楽しげな出張イベントも決まりつつあります。

またお知らせさせていただきますね。



Img_4f4822a3d27fa7eee919f758e096d0aa

こちら福岡も、本日ソメイヨシノの開花宣言が出たようです♪

PISKEY VINTAGEにも、卒業式を終えられたお客さま、卒業旅行中のお客さま、

転勤で福岡にいらしたお客さま・・・、

春の雰囲気を身にまとったお客さまにもお越しいただいています。

ありがとうございます。


画像は、ポストに行く途中で出会った椿。

桜ではありませんが、桜色の上品さに思わずパチリ。
Img_8ad5e24d3e0822b2e33ce3f8caab8208

春は、どこを見渡しても植物の生命力に溢れていて、元気をもらえるような気がします。


そして春色のリバティプリントを選びながら、あれこれ柄合わせをしつつ、

三角形の旗、バンティングをお店のディスプレイ、試作を兼ねて作ってみました☆


Img_bcad2695bd7ec7edbbd67cfe96b218ce
Img_a9a18e9f563a194828662f061c40b185


レース地をリボンにして。



バンティングは、イギリスでもマーケットや、インテリア、ストリートパーティーなどの
定番のデコレーションです☆


ロンドンのリバティの店内にも、エリザベス女王のダイヤモンドジュビリー
(即位60年祝い)の頃は、英国旗のバンティングが吹き抜け部分に、
たくさんはためいていました。






Img_cd24c8289022dc5a2c96e7cf91f69952
お店の天井にリバティのお花が咲きました☆
Img_b2c4c95b4999b0d716d0042ed7e11e17


もうちょっとサイズや改良を考えて、販売出来るようにしたいな~と思っています。

またこちらでご案内させていただきますね。
Img_e58f9abe463a7203a29617083fe66d25

うららかな日曜日です。

出勤中の大正通りの青空をパチリ。


ご来店、HPへのご訪問ありがとうございます。明日は店休日をいただきます。



さて、リバティのハンドメイドに付けている、お店のタグは英国のメーカーに発注しているのですが、

今までは10日~2週間で届いていたのに、今回届かない・・・。

3週間経って、ロイヤルメイルでの配送だから、とうとうついに行方不明なのかな・・・と、
不安に思いつつ。

3週間で問合せするのは、英国的にはきっと、「せっかちな日本人」と思われるかも~と、
いよいよ4週間経ったところ我慢の限界。メーカーにメールで問い合わせを。

すると、速攻で「ハーイ、ヨシコ(私の名前です)。先週日本に送ったから、きっともうすぐ届くよ~。
じゃね~。ども~。」的な軽いノリの返信が。

余計に不安になった所で、ロイヤルメイルがポストに☆


Img_b646df5a2d16cadcac02c313b97b8421

やっと届きました☆良かったです・・・。

今までの注文履歴を見返すと、500枚以上のタグを発注していたので、のべ500人以上のたくさんのお客さまにPISKEY VINTAGEのハンドメイドを使っていただいていると思われます。

ありがとうございます。

どうしてもアイテムが充実している時と、制作の狭間で、そうでない時があるのですが、
リバティプリントを選ぶ楽しさも味わっていただければなぁと、ロンドンで頭に血が上りながら
選んできたリバティ柄をいろいろ使って、ひとつひとつお作りしています。

Img_1d7c46529bb4cfc0303fdd670bc3118b


先日作った、通帳&パスポートケース。

画像の投稿SNS、Instagramを使っているのですが、こちらの画像、ロンドンのリバティと、

リバティプリントの販売部長さんのアカウントから「イイネ!」をいただきました☆

励みになります☆



遅ればせながら、日曜日の筥崎宮蚤の市にお越しくださったみなさま、
ありがとうございました。

晴天に恵まれましたが、風は冷たく、ピューピュー、ブルブルの蚤の市でした。

寒さの余り、じっとしておれず、ずっとその場で足踏みしながらの接客で、
トイレを我慢している子供状態でした・・・。

あれから、みなさま風邪など引かれませんでしたでしょうか。

Img_74cdb9bf001e2d8252d01e93870dda16
Img_4b7f910046b33383d1e1b938ab81a7e7

PISKEY VINTAGEで気になるものをを見つけていただき、ありがとうございました。

お天気だったので、久しぶりにリネン類を連れて行けました。

ちょっと後ろ髪を少し引かれながらですが、
新たなオーをナーさまにアイテムをお渡し出来て嬉しかったです。

ご遠方から来て下さっているお客さまもたくさんいらっしゃいました。
はるばる、ありがとうございました。


陽射しには春を感じた蚤の市。

お隣りは、お庭からの沈丁花が。

Img_f0b59ff26c1bfed39ee77cd41d9b8e59

あまーい香りがしていました☆


そして、少な目ですが、ご近所さまの定点観測。

良く見るとピースのニコちゃんバッヂ、欲しかったかも・・・。
Img_4d0f75fe95f07359d3ab8fbb3184c7f7
おサルに
Img_cbb5bd5b68a08804b36e11aeaafb132f
懐かしい爪切り
Img_eb6636f85a82d9f0a1585f4d720ccbfc
プリティなこけしも来ています

今回は、古物の誘惑に打ち勝ちました。


ご近所さまにも、いつもお世話になっています。

おもしろ楽しい筥崎宮蚤の市。



次回は、4/13(日)、5/11(日)、6/15(日)、7/13(日)と続きます。

筥崎宮参道でお待ちしています。

100年以上昔の印刷物。

ヴィクトリア時代に流行した、スクラップブックやアルバムを装飾するための型抜きの紙。

ちょっと厚めの紙に印刷され、型抜きされたクロモス。ダイカットとも呼ばれます。

当時のデコシールです。

様々なデザインがあって、当時の紙質、印刷の技法とあいまって、とても味わい豊かです。



繊細なので、蚤の市などにもあまり連れていけず、しかしながら


好きな方に見つけていただきたく、HPのコーナーにupしてみましたが・・・。


Img_e53e14d8c3d60611f452647e5cf10b8d

うーん、我がデジカメとカメラの腕では、実物の味わいをお伝えするのが難しいです。

近づいて見てみると・・・
Img_887c9d62bebdb516a57966e4d5b76fa4
点描のようなタッチなのです。
Img_9bb8c30d0f444d252303f1136a715cca
パールの首飾りも、
Img_3efa18d96bec4f6b79d8054847e03642
裏側から見ると、
Img_401a3cdd934cc0c98be9c222e159a27b
立体的に印刷されています。わかりますか?


猫を抱いた女の子も、スーラもびっくり!の点描のような印刷です。
Img_7e9c9282faf05495d2f4b4cc7536d74a
Img_00959597e72cd924b836efe1dc2d9637
うーん、やはり伝わりづらいでしょうか・・・。


デザインからも当時の衣装、文化、流行も伺えて、興味深いヴィクトリア時代の印刷物。
大きさも2㎝角のものから20cm近くあるものまで様々です。

先日、旅の途中に寄って下さったお客さまが、「この旅のアルバムを作るので、一緒に貼ります」
と仰って、バラのクロモスを選んで下さいました。

正統派の使い方です、嬉しくなりました☆。


額に入れて飾ったり、コラージュに使ったり、小さいものは樹脂加工してアクセサリーに。

もちろん、デコパージュにも。


クロモスも、現地では稀少なものになってきています。

画像で、実物の良さは伝わりづらいかと思いますが、また少しずつ、upして行きたいと思います。












久し振りに、うさことくまこをチクチク…。


Img_525459ecc25768e93ee61ac0447e0c48
リバティの耳をアップリケ。
Img_8305561d1a08ff043681a8b9f3e2040b
今回はどんな顔の子になるでしょう…。

リバティのリボンタイを作って、


出来上がりです☆
Img_9c0877b5a8e46a876d0015d915067791


品切れになっていた、くるみボタンのヘアゴムも作ります☆



来週の日曜日の、筥崎宮蚤の市へも連れて行きますね。
Img_4bbfae6311a6f1e0029672ec3e208702