Text Size : A A A

●F-159/パンジーのポストカード 1909年消印入り

Img_7725c1956481becad80d730906e2bdd6
Img_5ef67cc78b8b10143463dd54c531710c

陰影のある色合いで描かれた、パンジーの図柄のポストカードです。


黒にも近い濃い紫から淡いイエローのパンジーが

四角のエンボスの型押しの中に描かれている額縁のようなデザインです。

ヴィクトリア時代に英国で数々の美しいデザインのポストカードを
生み出したラフェアルタック&サンズ社の一点です。

当時の英国王室御用達のロイヤルワラントのマークが入っています。

切手にイングランド、デヴォン州の1909年12月24日の消印が入っています。

デコパージュやコラージュ、額装してインテリアや作品との撮影などにもどうぞ。

size 約8.9cm×14.0㎝(いずれも最長部)
price:800yen(tax別)
在庫1点のみ
Img_99d1348da31aa90a5cdf14f367c99dc2
Img_3e34b5dcfc8bce6827605350b3363567


*実際の商品は撮影環境などにより、画像とは色合いが異なることがございます。
*ふるいもので、新品ではございませんので、多少傷みや使用感がございます。
ご理解の上、ご購入をお願いいたします。
画像では伝わりづらい点もございますので、詳細について、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。
通信販売も承っております。
アイテムのお問合せ・ご注文はContact欄 (Click!) 、もしくはお電話にてお願いいたします。

●F-30/パンジーのトレーディングカード

Img_f8a8442b57f0b5c9d60ef9a94b37fad0

同じパンジーの2枚のカード…、と思いきや、

1800年代後期の印刷物、色合いや濃度が微妙に違います。

大小のパンジーの濃淡が味わいがあります。

字体も表・裏面ともに様々な種類が使われていて、

見応えがあります。


こちらは、トレーディングカードと呼ばれる販促用に作られたカードで、

マクレーン・リバー・ピルという錠剤の名前が入っています。

裏面は、それぞれ異なるアメリカの薬剤メーカーの名前が入っています。

トレーディングカードは、当時の生活史を知る上や、グラフィックデザインを
知る上でも現在もコレクターが多いカードの一種です。


size:h:12.8cm×w:7.6cm
           
price:各@1.200yen(tax込)
A:左(Bより少し濃い色味です)在庫あり
B:右 ☞Thank you! sold 在庫なし

画像をclick!していただくと拡大します☆ 



Img_18bba0f54a2cf4b9a858d3f145593457
Aのカードです
Img_0cbf04ee6c0c416ec276305bd41373cf
Img_e717c6ce4bc0b73abc32c45d0ad3a86c
左:A 右:B


*実際の商品は撮影環境などにより、画像とは色合いが異なることがございます。
*ふるいもので、新品ではございませんので、多少キズや使用感がございます。
ご理解の上、ご購入をお願いいたします。
画像では伝わりづらい点もございますので、詳細について、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。


通信販売も承っております。
アイテムのお問合せ・ご注文はContact欄 (Click!) 、もしくはお電話にてお願いいたします。


●F-10/1916年 手描きのパンジーのカード

Img_dc02a5ed42f7ae702d144fdc37170381

丁寧に花びら一枚一枚を手描きでパンジーが描かれたバースディカードです。


額に見立てた立体的なエンボスの型押しの枠の中に、パンジーが紫と白の濃淡で描かれています。

花弁や花芯まで重ねて描かれていて、絵の具の独特の立体感が。

右下の文字も型押しのデザインが効いています。


淡いすみれ色のコードで綴じられています。

見開きのメッセージの部分には、1916年のサインが。

裏側は何かの字が移った跡が少しございます。画像でご確認ください。


「Greetings &Goodwill…」
British Manufacture 

size 約12.1cm×7.2㎝(いずれも最長部)
price 850yen(tax別)

画像をclick!していただくと拡大します☆
Img_4c6046272c075dae4bfb7644d80ad465
Img_20cc2cea9a01cb5dee66a4a99851291e
Img_f78e291cf3353299079e92ae3604a2e2
Img_30e08b4b937a89a7b874340d21ea725b


*実際の商品は撮影環境などにより、画像とは色合いが異なることがございます。
*ふるいもので、新品ではございませんので、多少キズや使用感がございます。
ご理解の上、ご購入をお願いいたします。
画像では伝わりづらい点もございますので、詳細について、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。


通信販売も承っております。
アイテムのお問合せ・ご注文はContact欄 (Click!) 、もしくはお電話にてお願いいたします。

●R-4/英国王のアンティークのリトグラフ

Img_0c254ee715fe57d627b86677494c07fa
Img_d17bba6ea0bdfd1285093a9cec51c9bb

初代エリザベス女王を中心に、7名の英国王の肖像画が印刷された美しいリトグラフと見つけました。

左上から、エドワード5世、リチャード3世、
ヘンリー7世、エリザベス女王、ヘンリー8世、
エドワード6世、メアリー女王 そうそうたるキング&クイーンの肖像画です。

陰影の加減が、当時の印刷技術も物語っています。
英国の歴史の本の口絵だったようです。

額装をしたり、雰囲気のあるインテリアにどうぞ。

左側上部の端に6㎜ほどの破れがあり、右側はガザガザになっています。






London Printing and Publishing Company
19世紀頃 石版


size 約21cm×20.5cm

price 1.800yen(tax別)

在庫 1点のみ

画像をclick!していただくと拡大します☆

Img_0e2cb0c89abab7b65051475fa1058275
Img_d7cf5b067f9d57054b7ce8f8361c7c12
Img_2a041e5b930e2e2db6dff56e54702988
Img_16d8d1d17dc364502f05b7cc5f579904


*実際の商品は撮影環境などにより、画像とは色合いが異なることがございます。
*ふるいもので、新品ではございませんので、多少キズや使用感がございます。
ご理解の上、ご購入をお願いいたします。
画像では伝わりづらい点もございますので、詳細について、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。


通信販売も承っております。
アイテムのお問合せ・ご注文はContact欄 (Click!) 、もしくはお電話にてお願いいたします。

●F-17/つばめの群れのグリーティングカード

Img_7a578c8006e798b5f93cb4bb08dec1d6
Img_a04186a520b2b5ebf256e58a44bc884a

空につばめが9羽、飛び交う様子に朝焼け(夕陽かもしれません…)

の森とボート乗りがデザインされた幻想的な

絵画のようなヴィクトリア時代のグリーティングカードです。


つばめは、羽根に銀の彩色も入っていて、小さいながら表情も描かれていて

とても細やかな表現です。つばめとボートが型押しのエンボスで浮き上がっています。

つばめの背景の紗がかかったような空の表現もとてもユニークです。


メーカーは「ラファエル・タック&サン」社で、

ピスキーヴィンテージが買い付けている

ヴィクトリアンのカードで目に留める確率が高いカード会社です。

当時の英国王室御用達のメーカーです。

このまま額装されても素敵かと思います。

四隅がよれていますので、お値段に反映させていただきます。


「GREETINGS」
Raphael Tuck & sons.ltd
Publishers to the King and Queen

英国ヴィクトリア時代(1836-1901年)
size 約17.1cm×12.0㎝(いずれも最長部)
price 1.280yen(tax込)

フレームは別売りです。
画像をclick!していただくと拡大します☆


Img_5f15d5a46f624c9f5a91e0bb4c0043dc
Img_f6bd09ff18f5bae3c11bc7d75b56ae21
Img_746c1dcc1fa78cab5d73f3ddaddd2057
Img_bcbe721f8ec6337b62935c92cdca1258
Img_8f2d53d1204a003f86550a07df1eb60b


*実際の商品は撮影環境などにより、画像とは色合いが異なることがございます。
*ふるいもので、新品ではございませんので、多少キズや使用感がございます。
ご理解の上、ご購入をお願いいたします。
画像では伝わりづらい点もございますので、詳細について、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。


通信販売も承っております。
アイテムのお問合せ・ご注文はContact欄 (Click!) 、もしくはお電話にてお願いいたします。